廃車費用をかけず売却する

廃車にかかる費用は

 

 

解体費が0円〜20000円

(解体業者によって異なります)

 

登録末梢手続き代行の場合は15000円〜20000円

 

不動車や車検切れなどレッカーが必要な場合は引き取りに15000円程度。

 

平均的にはおおよそ20000円程度を見積もっておきましょう。

 

でもちょっと待って下さい!

 

 

廃車に費用をかけるなんて、あまりにももったいないです。

 

 

鉄やアルミの買取価格が高く、部品や内装の一つ一つに価値がある国産車なら、なおさら待って下さい。

 

 

たとえ過走行車でも、傷だらけでも欲しいという企業が全国にはあるものなんです。

 

 

 

そういった会社に売却できれば、廃車に費用をかけずとも逆にお金が戻ってくるということもあるんです。

 

 

『それで結局、どこが買い取ってくれるの?』

 

 

その買取可能な業者をかんたんに見つけるために、一括査定サービスがあります。

 

販路ルートの広さや海外輸出まで手掛けている業者に欲しいと言われれば思わぬ高価になる事だってあるんですよ。

 

利用料はもちろん無料で登録は最短1分程度で完了します。

 

ズバリ!人気の完全無料一括査定サービスTOP3(全国対応版)

 

カーセンサー.net

大手リクルートが運営するカーセンサーネットは、一括査定に参加している業者が500社以上と最も多いため、廃車前の車でも高く買い取れる業者が見つかる率がUPします。

 

あんまり多くの見積もりは要らないよという方もご自身で選択出来るようになっているので、査定会社を少なくしても大丈夫です。

 

最短3分で入力が完了し、全国の方が完全無料でご利用できます。

 

カーセンサーはこちら⇒⇒

かんたん車査定ガイド

人気の一括査定サービスかんたん車査定ガイドは、入力とほぼ同時に買取の概算価格が分かるのが良いねと口コミでも評判良しです。

 

もちろん廃車のような車でも査定は無料ですし、予想以上の値段が付いたという声もあるので念のため利用しておきましょう。

 

最短1分、全国対応で、現在は10万円キャッシュバック当てようキャンペーンやってます。

 

かんたん車査定ガイドはこちら⇒⇒

 

ズバット車買取比較

累計利用者数100万人突破、カスタマーサポート付きのズバットも廃車前には一度利用しておきたいサービスです。

 

廃車を覚悟していたけど売れたという方も居らっしゃいます。

 

こちらも期間限定で10万円のキャッシュバックキャンペーンが開催されています。

 

ズバット車買取はこちら⇒⇒

 

 

使うだけならタダなので、こんな車でも査定に出して大丈夫?とか遠慮せずにどんどん活用しましょう。
(廃車の査定はダメ×なんて記載はどこにもないです。むしろ、こんな時だからこそ使って欲しいサービスです。)

 

もし、どこからも連絡が来ない。または査定0円だった場合だけ廃車についてチェックしましょう。

 

 

ただし、
ご自分で廃車にする場合にかかる費用は、レッカーが必要な場合は引き取り料15000円から書類代行手続きが15000円から、またさらには解体業者に持ち込めば解体費も必要なんて事もあります。

 

 

以前は、リサイクル料金制度が無かったため、解体費が請求される事もありましたが、現在はリサイクル料金前払いのため解体費は必要ありません。

 

いらないお金が必要と言われたり、面倒な手続きを防ぐためにも、廃車専門業者にお願いした方が安心ですね。

 

全国の引き取り無料対応かつ、車体価格+還付金も戻してくれるのが廃車ラボです。

 

こちらも見積もりは無料なのでいくらぐらいになるかメールで概算を出してもらって検討しましょう。

廃車でも積極的に買い取るようになった訳(わけ)

昔は、廃車にするとシュレッダーダストというゴミが出るため、解体費が必要になり、お金を支払わないと処分できない業者がほとんどでした。
(5000円が多かったです。)

 

しかし今は、そのゴミの処分費としてリサイクル料金を先払いしているので費用は必要ありません、

 

ゴミを取り除いた部分は価値のある有効資源のみです。
リサイクル率が99%ともなれば、いかに車には資源が残されているかお分かりでしょう。

 

資源だけじゃなく、部品としての利用価値も大きいです。
国産車は部品一つ一つの設計から製造過程に至るまで事細かく作られているので故障も置きません。

 

海外でも日本車は壊れなくて良いと喜ばれているのもご存じでしょう。

 

そういった背景もあり、国内の企業も海外に支社を作り、乗らなくなった廃車を輸出し、安く提供するといった活動も増えてきています。

 

売れる事を知らない方だと、中には廃車依頼したのに売却されていたなんて方も居らっしゃいます。
(いわゆる小遣い稼ぎをするところもあるので、廃車時の業者選びはとっても重要です。)

 

しかし、どんな車でもそれだけ価値があるという訳です。

 

もちろん、還付金の問題もあります。
古い車の場合は、自動車税や重量税も値上がりしたため、廃車時に戻ってくるお金もそれだけ多く戻せます。
そんなこと気にしないっていう方も多いのですが、還付金を合計すると数万円近くになることもあるんですよ。

 

せっかく高い維持費を支払って守ってきた訳ですから、最後ぐらい喜んで高く買わせて頂きますという企業を見つけてみましょう。